遠回しに求婚するプロポーズの言葉

遠回しに求婚するプロポーズの言葉

遠回しに求婚するプロポーズの言葉

遠回しに求婚するプロポーズの言葉

 

プロポーズの言葉というと、「結婚して下さい」「絶対幸せにします」などの言葉がよく知られていて、一般的なものかと思います。

 

昔からこのような言葉が、プロポーズの言葉として使われているということもありますし、何よりストレートにパートナーへの想いが伝わるので、今でも多くのカップルが、このような言葉によって結婚を決めています。

 

しかし、ストレートだからこそ、恥ずかしくて言いづらいという方も多いですよね。

 

プロポーズの言葉を伝える上で一番大切なのは、パートナーに自分の気持ちを分かってもらうことです。

 

ですから、必ずストレートに言わなければいけないということではないのです。

 

例えば、このようなプロポーズの言葉はどうでしょうか?

 

 

『そろそろ同じ名字にしませんか?』

 

 

事実婚や夫婦別姓などもありますが、基本的には結婚すると、名字が同じになります。

 

このプロポーズの言葉は、遠回しに「結婚して下さい」と言っていることと同じです。

 

少々回りくどいプロポーズの言葉かもしれませんが、ストレートな言葉が恥ずかしいという男性にはおすすめです

トップへ戻る