ご飯を作ってあげたくなるプロポーズの言葉

ご飯を作ってあげたくなるプロポーズの言葉

ご飯を作ってあげたくなるプロポーズの言葉

ご飯を作ってあげたくなるプロポーズの言葉

 

家庭を持った場合、女性は手料理で、旦那さんのお腹を満たすという役割を担うことになります。

 

料理が得意な人、不得意な人、様々な方がいるかと思いますが、こんなプロポーズの言葉を受けたら、パートナーの女性は喜ぶのではないでしょうか?

 

『これから一生、僕にご飯を作ってくれませんか?』

 

思わず「はい!」と返事してしまいたくなる、そんなプロポーズの言葉ですね。

 

どちらかというと、「○○してあげる」というプロポーズの言葉を、パートナーの女性に贈る男性が多いかと思います。

 

しかし実際には、女性が男性に頼ることだけではなく、男性が女性に頼ることもあります。

 

そういった様子が、この言葉からはよくわかりますよね。

 

女性としては、「私の手料理が食べたいのね」と、嬉しくなると思います。

 

こんなプロポーズの言葉を大好きな彼から受けることができたら、料理が得意な女性はどんどん腕を上げて、おいしい料理を一生食べさせてあげたいと思うはずです。

 

たとえ料理が不得意だったとしても、「あなたのためなら」と、一生懸命頑張って料理を勉強しようと、気合いが入るのではないでしょうか。

 

トップへ戻る