ひねりを入れたプロポーズの言葉

ひねりを入れたプロポーズの言葉

ひねりを入れたプロポーズの言葉

ひねりを入れたプロポーズの言葉

 

「プロポーズは男性から」というイメージが定着していますが、いくら頼もしい男性であっても、そう簡単にできるものではないですよね。

 

長く付き合っているという方であれば、自然の流れで結婚するということもありますが、プロポーズの言葉を言わなければ、実際結婚にも結びつけるということは、困難になってしまうものなのではないでしょうか。

 

「プロポーズの必要性がわかっていても、なかなか言い出せない…」

 

そのような方は、少しひねりを入れたプロポーズの言葉で、結婚を申し込んでみてはいかがでしょうか。

 

必ずストレートな言葉でなくても、言った側がプロポーズの意味で言ったということであれば、それはプロポーズの言葉ですから、言いやすいようにひねりを入れても、何も問題はないのです。

 

例えば、次のようなプロポーズの言葉はどうでしょうか?

 

 

『毎日君と一緒に、朝ごはんを食べたいなぁ…』

 

 

「なぜ朝ごはん?」と思うかもしれません。

 

しかし、よく考えてみると、デートの時に、お昼や夜に一緒にご飯を食べることはあったと思いますが、朝ごはんというのは、なかなかないですよね。

 

結婚したら、今までは一緒に食べることが難しかった朝ごはんを、一緒に食べることができるようになるのです。

 

回りくどいので、なかなかパートナーに意味が伝わらないという場合は、「朝だよ?朝!」と、あくまでも朝ごはんであることを強調すると、分かってくれると思います。

トップへ戻る