風変わりなプロポーズの言葉

風変わりなプロポーズの言葉

風変わりなプロポーズの言葉

変わったプロポーズの言葉

 

現代の日本では、初婚年齢が遅い「晩婚」の人が増えています。

 

それゆえに、周りにプロポーズをしたことがある人がおらず、プロポーズの仕方がよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

 

プロポーズの言葉やシチュエーションなどに、特に決まりはありません。

 

自分の想いがパートナーに伝われば、それは2人にとって、正真正銘のプロポーズです。

 

では、このような少々風変わりなプロポーズの言葉はどうでしょうか?

 

 

『死ぬまで一生付き合って下さい!』

 

 

交際を申し込む時によく使われる「付き合って下さい」の言葉を、結婚を申し込む時の言葉にアレンジした、そんなプロポーズの言葉です。

 

プロポーズの言葉として、この言葉が使われる機会は、定番のものと比べて少ないのかもしれません。
しかし、よく考えてみると、プロポーズの言葉としては間違っていないですよね。

 

パートナーのほうは、言われた瞬間「えっ?」と思うかもしれませんが、気が付いた時には顔が真っ赤になっていると思います。

 

トップへ戻る