不安を先にさらけ出す?プロポーズの言葉

不安を先にさらけ出す?プロポーズの言葉

不安を先にさらけ出す?プロポーズの言葉

プロポーズの言葉

 

結婚するにあたって、お互いの意思を確かめ合うのが「プロポーズ」ですよね。

 

かなり昔のことになりますが、男性からのプロポーズしか許されないという時代があったことから、今でも「プロポーズは男性から」というイメージが根強く残っています。

 

近年では、女性から男性へプロポーズする「逆プロポーズ」も増えていますが、男性からのプロポーズの言葉を待っている女性も非常に多いというのが現状です。

 

やはり、「パートナーがプロポーズの言葉を待っているのでは」と思いつつも、なかなか良い言葉が思い浮かばないですよね。

 

結婚後の生活に対しての不安もあり、どうしたら良いのかわからなくなってしまうものだと思います。

 

そのような時は、不安な気持ちをさらけ出しつつ、このようなプロポーズの言葉で、結婚を申し込んでみてはどうしょうか?

 

 

『頼りないかもしれないけど、精一杯大切にします。僕と結婚して下さい。』

 

 

男性の頼もしさに、基準はありません。

 

他の男性より劣ると感じている所があったとしても、あなたが精一杯パートナーを大切にすれば良いと思います。

 

そして、謙虚な所も、パートナーから好印象を受けるのではないでしょうか。

トップへ戻る