お泊まりデートでの逆プロポーズの言葉

お泊まりデートでの逆プロポーズの言葉

お泊まりデートでの逆プロポーズの言葉

お泊まりでの逆プロポーズの言葉

 

日本では、結婚を申し込む時の「プロポーズ」は、男性から女性に、というやり方が一般的ですが、その逆で、女性から男性にプロポーズするケースも増えつつあります。

 

理由としては、「草食系男子」と呼ばれる、恋愛に対してあまり積極的でない男性が増えていること、そして女性からのプロポーズに賛成している男性が、実はたくさんいるということが挙げられます。

 

「彼がなかなかプロポーズしてくれない」という場合は、もしかしたら心のどこかで、女性側からのプロポーズの言葉を期待しているからかもしれません。

 

女性側が待ちくたびれて、大喧嘩になってしまっても大変ですから、良い時期が来たと思ったら、女性からプロポーズしても良いのではと思います。

 

そうはいっても、やはり照れくさいところがあると思うので、さり気なく言えるプロポーズの言葉をおすすめします。

 

例えば、お泊まりデートをした時に、次のようなプロポーズの言葉を伝えてみてはどうでしょうか?

 

 

『あなたのその寝顔、毎日見たいなぁ…』

 

 

寝顔というと、人によって白目を向く人や口をあんぐり開ける人と、様々な場合がありますが、決して素敵な表情とはいえないですよね。

 

その寝顔が「毎日見たい」と言われたら、男性は恥ずかしく思うかもしれません。

 

しかしその分、パートナーの女性が、不格好な自分も受け入れてくれていることがわかって、嬉しいのではないでしょうか。

トップへ戻る