男性をドキドキさせる逆プロポーズの言葉

男性をドキドキさせるプロポーズの言葉

男性をドキドキさせる逆プロポーズの言葉

ドキドキさせる逆プロポーズの言葉

 

日本では、最近になってよく聞かれるようになった「逆プロポーズ」ですが、海外ではすでに広く普及しています。

 

そのため、日本でいう「男性並み」のプロポーズを行う女性も多いのだそうです。

 

「負けてはいられない!」といってはおかしいですが、男女平等が叫ばれている日本だからこそ、逆プロポーズがもっと普及しても良いのではないでしょうか。

 

男性からでも使えますが、ここでは敢えて「女性から」として、プロポーズの言葉をひとつ提案したいと思います。

 

『私の第二の故郷はあなたが生まれた街で、あなたの第二の故郷は私が生まれた街。

 

 私と、そのような関係になってくれませんか?』

 

かなり遠回しなプロポーズの言葉ではありますが、パートナーの両親と同居する場合はもちろんのこと、同居ではなくても、パートナーの実家に行き来することで、パートナーが生まれた街が第二の故郷になると思います。

 

そういった意味を込めた、逆プロポーズの言葉です。

 

言葉の意味が理解できた時、パートナーの男性はドキドキしてしまうと思います。

 

そして、プロポーズしてくれた女性の強い覚悟に、勇気をもらえるのではないでしょうか。

 

トップへ戻る