遠距離恋愛中の彼女に贈りたいプロポーズの言葉は

遠距離恋愛中の彼女に贈りたいプロポーズの言葉は

 

遠距離恋愛中のカップルはかなり大変だと思います。会いたいときに会えないし、仕事が休みの日もお互い独りぼっちという状況になってしまいます。会えるのは長い休みが取れたときの年に数回で、どちらかが高い旅費をはたいてほとんど旅行レベルで会いにいかなければならないし、片方ばかりに来させるわけにもいかないので、自分からも相手の住むエリアへ飛ばなければなりません。

 

体力的にも金銭的も精神的にもきつく、お互いボロボロになりながら続けていくだけの愛の力があるものを「遠距離恋愛」というのです。こんなつらく苦しい関係を何年続けることができたのかが遠距離恋愛の最大のポイントであり、数年間でどちらかが我慢できなくなって気持ちはズレたままプロポーズするのか、それとも10年くらい変わらない愛をじっくり育ててきてようやくお互いのタイミングが合致してプロポーズするのかによって、彼女にかける言葉の重みが変わってきます。

 

結婚したら婿養子にでも入らない限り、彼女は遠い見知らぬ土地に嫁入りしなければならなくなるのです。結婚式はどっちで挙げるのか、それによって親戚の大移動も必要になります。結婚という嬉しい気持ちと不安な気持ちが混在して心は複雑でしょう。

 

そんな彼女にかける言葉は「僕が君の夫となり、父となり母となりさらに兄妹にもなるよ」と離ればなれになる家族の代わりになるぞという覚悟を示す言葉が必要です。

 

さらに、「結婚後は僕に遠慮せず、何でも気持ちをぶつけてほしい」ということ、要は「我が儘であっていいいよ」という言葉も必要でしょう。遠距離恋愛のプロポーズの言葉は、普通のプロポーズの2倍以上の言葉が必要になるのです。不安でたまらない彼女の心をどれくらいほぐしてあげることができるかがポイントとなります。

 


トップへ戻る