女性に想いが伝わる、よろこばれる「プロポーズの言葉」とは?

女性に想いが伝わる、よろこばれる「プロポーズの言葉」

 

彼女とのお付き合いも数年になり、そろそろ結婚を考えている…。そんな時に男性の頭を物凄く悩ませるのが「プロポーズの言葉」ではないでしょうか?

 

照れ臭いからササっと済ませたい…。と思われる方もいらっしゃるでしょうが、結婚とは人生の一大イベント。素敵なプロポーズをされたい、と女性なら誰しもが思うはずです。

 

そこで今回は「女性に想いが伝わる、喜ばれるプロポーズの言葉」をご紹介します。あまり言葉がありすぎても選ぶのが大変かと思いますので、特におすすめな言葉を厳選しました。ぜひ参考にしてみてください。

いざ彼女へプロポーズ!…でもどんな言葉で伝えれば?

彼女へプロポーズ!…でもどんな言葉で伝えれば

 

現代の結婚は昔と比べると、どんどんカジュアルなものになってきています。最近では、特にプロポーズの言葉を貰わずに自然の成り行きで結婚するカップルも増えてきているのだとか。

 

結婚がカジュアルなものになっているとはといっても「そろそろ、結婚しとくか?」や「このへんで、どう?」といった夢もロマンも無いような言葉をかけられてしまうと女性は興覚めです!

 

というのも、どんなに時代が変わっても女性の「素敵なプロポーズをされたい!」という乙女心は色褪せていないからです。プロポーズは男性にとって勇気のいることですが、彼女に対する誠実な気持ちを伝えて喜ばないわけがありません。そして、一生の宝物として思い出に残ることでしょう。

 

プロポーズの言葉を選ぶ上での大切なポイントは、あくまでもプロポーズは彼女に想いを伝え、伝わることが重要です。「彼女に想いが伝わる言葉」を選んでください。「自分が言って気持ちの良い言葉」ではないので注意してくださいね。

 

それでは具体的にどのような言葉を選べばいいのか見ていきましょう。

現代女性はシンプルなプロポーズの言葉を望んでいる?

シンプルなプロポーズの言葉を望んでいる

 

某結婚情報サイトが女性に「どのようなプロポーズの言葉をもらいたいか?」というアンケートをとったろころ、意外にも「シンプルな言葉で伝えてほしい」と回答する女性の割合が多い結果となりました。

 

無理に言葉を飾ることはせずに、そのままの想いを言葉にしてほしいという女性が多いようです。
例えば…

 

・僕と結婚してください!
・僕の奥さんになってくれませんか?
・僕と一緒になってください!
・一生一緒にいてください!

 

といった具合です。
このようにストレートに気持ちをぶつけてくれると、女性もその気持ちにストレートに「はい!よろこんで」と答えたくなってしまうのかもしれませんね。

女性がうれしいポロポーズの言葉は「君じゃなきゃダメ」感

女性がうれしいポロポーズの言葉

 

また、女性の気持ちとしては「他の誰でもなく、君と結婚したい」「君じゃないとダメ」というような気持ちを伝えられると、とてもうれしいものです。

 

「この人は私だから結婚したいんだ」「自分は彼にとって特別な存在なんだ」と思えると、より一層幸せな気持ちでプロポーズの言葉を受けられるはずです。

 

例えば…

 

・僕の妻になるのは君以外考えられない
・僕には君しかいない
・僕は君を誰よりも幸せにできる
・僕の人生は君なしでは考えられなしい

 

といった具合です。
シンプルな言葉にプラスしてこういった言葉を添えてあげると、彼女はとてもうれしい気持ちになるでしょう。普段感じてはいても、いつもは照れて言えない言葉。プロポーズ時はこういった特別な言葉を一緒に伝えるのもおすすめです。

プロポーズは飾らず純粋な気持ちを伝えるのがいちばん!

映画やドラマを見ていると、「毎朝僕のみそ汁を作ってください!」「黙って俺についてこい!」なんて変わり種の言葉もあり、一昔前だとそういった言葉でも喜ばれたのかもしれませんが、現代女性は、プロポーズにはシンプルは言葉を好む傾向にあるようです。飾り立てた言葉は使わず、ストレートに純粋な気持ちを伝えるがいちばんのようですね。

 

今回ご紹介させていただいたことを参考にしていただき、プロポーズが成功するよう、祈っております!


トップへ戻る