緊張する・照れる場合のプロポーズの言葉

緊張する・照れる場合のプロポーズの言葉

緊張する・照れる場合のプロポーズの言葉

緊張するプロポーズの言葉

 

「プロポーズの言葉」と聞くと、どのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。

 

まずは、定番の言葉として、「結婚して下さい」「あなたを幸せにします」などが挙げられると思います。
また、「プロポーズは男性から女性にするもの」というイメージも挙げられるかと思います。

 

このようにお話ししてしまうと、男性陣は萎縮してしまうかもしれませんが、無理にイメージ通りにしなくても大丈夫です。

 

プロポーズの目的で言った言葉は、いつまで経ってもプロポーズの言葉です。

 

形に関係なく、パートナーの女性には必ず伝わるものだと思います。

 

緊張する・照れてしまうという方は、さり気なくプロポーズの言葉を言うのがおすすめです。

 

例えば、次のような言葉はどうでしょうか?

 

『俺が今まで独身でいたのって、君と結婚するためだったんじゃないかと思うんだけど、君はどう思う?』

 

このプロポーズの言葉を、普段の会話の中にさり気なく盛り込んでみましょう。

 

予想外の「結婚」という言葉に、パートナーの女性はびっくりしつつも、嬉しくてドキドキしてしまうと思います。
「私もそう思う」(つまりOK)という返事が聞けたら、素敵なプロポーズの言葉として、一生残るのではないでしょうか。

 

 

トップへ戻る