プロポーズの言葉がないのはアリ?ナシ?なしで結婚した理由は?

プロポーズの言葉がないのはアリ?ナシ?なしで結婚した理由は?

 

結婚と切っても切り離せないのが。プロポーズ。

 

しかし、中にはプロポーズの言葉がないまま結婚したというカップルもいます。

 

今回は、プロポーズがないまま結婚することになった理由や、プロポーズの言葉がない結婚について、みなさんがどのように感じているのかについてお話したいと思います。

プロポーズの言葉がないまま結婚した理由は?

プロポーズの言葉がないまま結婚した理由は?

 

ある有名結婚メディアが「結婚をする際に、プロポーズがありましたか?」というアンケートを行ったところ、全体の20%がプロポーズは無かったと答えられたそうです。

 

 

20%というと決して少なくない人数です。一体どのような理由でプロポーズの言葉がなかったのでしょうか。

 

 

1.授かり婚だったため

 

授かり婚の場合、子どもが出来たことをパートナーに伝えた時点で結婚の流れになる方が多いようです。また、妊娠や出産の準備をする中でついついプロポーズをしそびれてしまったという方も多いのだそう。

 

 

2.結婚前提の付き合いだったため

 

初めから結婚を前提として付き合っているのであれば、結婚が視野に入っているため、わざわざプロポーズをする必要がないと考える方も多いようです。お見合い結婚や、結婚相談所で婚活目的にお付き合いしている同士だと、ごく自然な流れで結婚へと進んでいくという方も少なくありません。

 

 

3.付き合いが長かったため

 

10年以上の付き合いがあるカップルの中には、特にプロポーズすることもなく、自然な流れで結婚することになった方も多いようです。長年ずっと一緒にいるので、改まってプロポーズをするのが照れ臭い、結婚指輪を一緒に買いにいくことがプロポーズの代わりになったという方もいます。

プロポーズの言葉がないのはアリ?ナシ?

プロポーズの言葉がないのはアリ?ナシ?

 

プロポーズの言葉がないまま結婚をしたというカップルは全体の2割。それらしい理由に名納得もできますが、当人達は実際のところどのように感じているのでしょうか?

 

 

1.女性的にはプロポーズの言葉は欲しいという意見が多数

 

プロポーズの言葉がないまま結婚した女性の大多数は、本当はプロポーズをしてほしかったという方が多いようです。

 

女性にとってプロポーズは憧れがあるものです。映画やドラマのようなロマンチックなプロポーズは望まないにしても、一生の思い出に残るような心のこもった言葉を贈ってほしいと考えている方はやはり多いようです。

 

 

しかし中には「結婚できたことが幸せだから、あってもなくてもかまわない」「言葉が無くても十分に想いは伝わっている」という意見も。

 

とはいえ、大多数の女性はプロポーズの言葉はほしいと思っていることを心得ておきましょう。

 

 

2.男性はどう思っている?

 

反対に男性は、プロポーズの言葉がないまま結婚したことに関して特に後悔している方や不満に思っている方はそうでない方よりも少ない傾向にあります。

 

気持ちが伝わっているのであれば必要ないと考えている、改めてプロポーズするのは恥ずかしい、緊張してしまいなかなか出来ない、と考えている方が多いようです。

 

 

しかし中には、お金が無く結婚指輪や結婚式の用意が出来ず、籍だけ入れることになり、プロポーズができなかったという方も。

 

こういった事情でプロポーズの言葉がないまま結婚された方は、相手を喜ばせるようなプロポーズをしてあげたかった…と後悔されている方もいるようです。

プロポーズの言葉はいつ言っても遅くない

プロポーズの言葉はいつ言っても遅くない

 

プロポーズの言葉は結婚前にしか言えないということはありません。

 

・結婚式で
・結婚式の二次会で
・結婚記念日や誕生日に指輪をプレゼントした際に

 

など、改まったイベントを利用して改めてプロポーズし直してみるのはどうでしょうか?

 

今さら…と思われるかもしれませんが、女性はどんな時にでも想いを改めて言葉にしてもらえると嬉しいものです。

 

 

もし、プロポーズの言葉がないまま結婚をすすめている、結婚したという方の中で少しでも後悔の気持ちがあるという方は、今からでも遅くありません!

 

想いのこもったプロポーズの言葉をぜひ、パートナーに伝えてみてください。

人気ショッピング


トップへ戻る