プロポーズの言葉 韓国語編

プロポーズの言葉 韓国語編

韓国語でプロポーズするためには?

近年、韓流がブームになり、韓国と言う国が身近になっています。
近くてお金もかからないため韓国旅行も人気となっており、韓国人との交際も増えプロポーズする人も多くいらっしゃいます。
そんな時2人の間に障害としてどうしても訪れるのが言葉の壁です。

 

特にプロポーズの際に自分の国の言葉である韓国語で伝えられたら嬉しいと言う人は多いですが、全く異なる発音なためプロポーズの際には苦労します。
そんなプロポーズの時の苦労を軽減するために今、韓国語を勉強しようとしている方が増えています。
しかし、日本人の多くは他国の言語に苦手意識を持ち身構えているため中々遅々として進まず、胡乱な日々を過ごしている人も多いようです。

 

ですが言語と言うのは誰でも使えることを想定して作られているため、実際はやる気になれば誰でもすぐに覚えることができるのです。
韓国語もその例外ではなく、しっかりと日常的に使えば簡単に覚えることができます。
またパートナーと言うお手本も存在するため日常的に韓国語の事を教えてもらい、生活に取り入れれば上達スピードはぐっと上がります。

 

一生に一度のプロポーズをしっかりと記憶に刻み込むためにも、韓国語マスターの道を目指してみませんか?

プロポーズに使える韓国語

近くて安い事から今韓国旅行が老若男女問わず人気を集めています。
そんな中韓国人とお付き合いを始める人が増えているそうです。
しかし、2人の仲を進展させるのに付きまとうのが言葉の壁ですよね。
ここではそんな時に役立つプロポーズに使える韓国語をいくつか紹介したいと思います。

 

まずプロポーズ言葉の定番である「愛しています」は韓国語で「サランヘヨ」と言います。
また同じく定番の「結婚してくれますか?」は韓国語で「キョロン ジュルレヨ」と言います。
プロポーズの言葉以外にも覚えておくと役立つのが相手の連絡先を聞く言葉で「メイルチュソ カルチョジュセヨ」で「メールアドレスを教えてください」となります。

 

ただし韓国語の発音はとても難しく、ただ言っただけでは伝わりにくいため練習が必要です。
教材としてオススメなのが韓流ドラマや映画です。
生の韓国語が使われているドラマにはプロポーズの場面などもあるため、プロポーズの予行練習にもぴったりな教材となっています。

トップへ戻る