プロポーズの言葉をメールではなく手紙で伝えるメリットは?

プロポーズの言葉をメールではなく手紙で伝えるメリットは?

プロポーズの言葉をメールではなく手紙で伝えるメリットは?

プロポーズの言葉をメールではなく手紙で伝えるメリットは?

 

プロポーズの言葉をスマートフォンで伝える方々が増えてきました。そもそも最近の若い世代にとってスマートフォンは日常的な連絡手段です。特に不思議な事はなく、仕事の連絡や人生相談なども最近は手紙ではなく、Eメールやメッセンジャーアプリで交わします。告白やプロポーズを使い慣れたEメールですれば本当の気持ちが伝わるので便利です。

 

ただし最近では徐々に手紙であえてプロポーズの言葉を伝える人々が増加して来ました。メッセンジャーアプリやEメールよりも手書きの手紙の方が気持ちが伝わる、と感じる男女が増えてきたためです。メール等だと綺麗な文字で表現されますが、書き手の気持ちや本気度が伝わりづらく、また日常的な連絡ツール過ぎて、ロマンチックな雰囲気を演出したいプロポーズには不向きとなります。

 

手書きの手紙なら本人の筆圧や癖が出ます。綺麗なフォントとは違い、達筆では無い方が書くと綺麗に仕上がらないかもしれないが、その良い意味のラフな感じと本人の癖が、読む人に本気度を与えられるのです。更に書く方もスマートフォンの画面よりも、便せんと鉛筆を用意して真剣に執筆しようとした方が、素敵な文章になります。

 

IT機器が流行っている現代だからこそ、受け取る方も真剣になって考えて頑張って執筆した手紙に、ロマンチックな感覚を感じてくれます。絵を添えたり、手紙と一緒に思い出の写真を送付するなど、アナログだからこそ自由度が高いプロポーズの手紙が完成させられるのもメリットです。

トップへ戻る