がっかりしてしまったプロポーズ

MENU

プロポーズのがっかり体験

プロポーズのがっかり

 

女性と言うのは何歳になっても男性にリードして欲しい物です。
しかしただ引っ張ればいいと言うものではなく、中には不器用な人もいます。

 

特にプロポーズなど一世一代の晴れ舞台では緊張して女性から見てもあれ?あれれ?と言うような失敗をする人がいます。
ここではそんな人たちが巻き起こしたプロポーズのがっかり体験を紹介したいと思います。

 

プロポーズにはロマンチックな演出が欲しいものです。
しかし男性には中々理解しづらいようでムードのないファーストフード店で指輪を渡されたがっかり体験をした人がいるそうです。

 

女性としては嬉しいけど、こんなところじゃなくても、と本音を抑えたそうですががっかり感が半端なかったそうです。

 

また中には回りくどい方法をとるがっかりプロポーズもあります。
とある女性の方は家にプレゼントを隠したから探してと言われたそうですが、結局1週間見つけられずにいたそうです。

 

1週間後に見つけたとき冷蔵庫の奥に指輪とプロポーズの手紙が出てきたとき、嬉しさよりもがっかり感の方が半端なかったそうです。

 

男性からは探すのが遅いと言われたため、更にがっかり感が半端なく、これが私のプロポーズなのかーと物悲しくなったそうです。

 

こんながっかり体験をしないためにも、男性に普段からこんな風にプロポーズされたいなどさり気なくアプローチしておきましょう。

がっかりプロポーズ対策

心理学では不幸は理想と現実のギャップと言われ、期待感が高いほど現実とのギャップによってがっかり感で苦しむと言われています。

 

特にプロポーズなんて女性なら一度はこんな理想のプロポーズをして欲しいと夢見る為、期待感は他の比じゃないほどマックスになっていると思われます。

 

しかし現実にはムードのないプロポーズでがっかりして思わず泣いたり、怒ったりする人もいるのではないのでしょうか?
ここではそんながっかりプロポーズを避けるための対策法を紹介したいと思います。

 

プロポーズを始め男性は女性の事なんて何にも理解してくれない!と思っている方は多くいらっしゃいますよね。

 

しかしそれは当然のことで、同じ人間でも男性と女性では脳の構造が違い物の感じ方、考え方と言うのは全く違うのです。

 

それは相思相愛の2人でも例外ではなく、お互いを理解するにはお互い歩み寄り考え方を擦り合わせる必要があるのです。

 

普段の日常から自分の好きなものをさり気なくアピールし、逆に彼の趣味嗜好を理解しておくことで現実と理想のギャップを抑えがっかりする機会を少なくすることができます。

 

この時大切なのは他と比較しないことです。
どうしても他人の輝く部分は良く見え、隣の芝生は青いと言うように羨ましく感じギャップにがっかりしてしまいます。

 

他人を羨むと再現がなくなるため参考にする程度に留めるといいでしょう。