何年たっても思い出す感動したプロポーズの言葉は

何年たっても思い出す感動したプロポーズの言葉

 

プロポーズの言葉というのは、大変に重みのこもったものです。
ほとんどが男性から女性に対してプロポーズするのが通例ですが、その言葉を聞いた女性の中には、何年たっても記憶にはっきりと残っているほどの感動を受けた、という事例も少なくありません。

 

単純に言えば「結婚しよう」だけでも用件は済むのですが、実際には男性もj女性に感動を与えようと、あれこれと言葉を探しているものです。

 

男性が女性を引っ張っていくという場合は、「君は俺を信じてついてくればいいんだ」という言葉が効果を発揮するようです。
その言葉を言われた女性は、男性の強いリーダーシップに惹かれるものを感じて感極まってきます。

 

あるいは「俺が君を一生守ってやる」も、男性の力強さがこもったプロポーズの言葉と言えましょう。
女性によってはロマンチックな表現を好む人も少なくありません。

 

そんな女性は、「君が生まれてきたのはぼくと結婚するためだったんだ」との言葉に魅力されるものです。
ストレートさはありませんが、女性への愛情が込められた言い回しですので好印象を与えることは間違いありません。

 

同様のフレーズとしては、「来年も再来年も5年後も10年後も、いつまでも君と感動を共にしたいんだ」があります。
もっとパンチのきいたフレーズとしては「君のことはほかの誰にも絶対に渡さない」も、女性の心に直接突き刺さることでしょう。

 

甘さを感じさせる言い回しには「ぼくのそばでずっと笑っていてくれないか」が女性の心をくすぐります。

トップへ戻る