夫婦のあるべき姿を目指すプロポーズの言葉

夫婦のあるべき姿を目指すプロポーズの言葉

夫婦のあるべき姿を目指すプロポーズの言葉

プロポーズの言葉

 

結婚とは、元々は他人だった異性同士が出会って、家族になることを指します。

 

しかし、その関係の深さは、実の両親や兄弟・姉妹以上深いものなのではないでしょうか。

 

普段の生活で嬉しかったことや悲しかったこと、時には悩んでいることなど、あらゆるものを共有することによって、2人の仲はどんどん深まっていくものです。

 

もし今、交際中のパートナーにプロポーズを考えていて、プロポーズの言葉が思い浮かばないという方は、「これから様々なものを共有していきたい」という想いを込めて、次のようなプロポーズの言葉を伝えてみてはいかがでしょうか?

 

 

『僕が五感で感じたことを、全て君と共有したいし、君が五感で感じたことは、僕に教えてほしい。だから、僕と結婚して下さい!』

 

 

 

視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚のそれぞれで感じたことを2人で共有するという意味ですが、それほどまでに、パートナーと一緒に居たいという気持ちが伝わってくる、素敵なプロポーズの言葉ですよね。

 

回りくどい感じもしますが、あらゆるものを共有し合って生きていくことは、夫婦のあるべき姿なのではないでしょうか。

トップへ戻る