プロポーズの言葉は相手の立場で考える

プロポーズの言葉は相手の立場で考える

プロポーズの言葉は相手の立場で考える

プロポーズの言葉は相手の立場で

 

これからプロポーズの瞬間を迎えるという方も、多いのではないでしょうか。

 

やはりプロポーズの中でも、パートナーへの想いを充分に伝えることができるのが、プロポーズの言葉です。

 

プロポーズの言葉といっても、映画のようにロマンチックでなければいけないというわけではありません。

 

また、ビシッと決めなければいけないというわけでもありません。

 

なかなか良いプロポーズの言葉が思いつかないという時は、他の方のプロポーズの言葉を参考にしながら、自分が言われる側(パートナー)の立場に立ち、「どんなプロポーズの言葉を言われたら嬉しいか」ということを考えてみましょう。

 

例えば、次のようなプロポーズの言葉はどうでしょうか。

 

 

『どちらか一方が、重い荷物を背負うことになったら、1人ではなく2人で背負おう。』

 

 

男性女性に関わらず、このようなプロポーズの言葉を掛けられたら、とても嬉しく感じるものだと思います。

 

頼もしくて、パートナーの優しさが溢れている、そんなプロポーズの言葉ですよね。

 

「1人ではなく2人で」という所に、夫婦のあるべき姿という感じがして、今後の目標にもなるのではないでしょうか。

トップへ戻る