プロポーズされたら一番にしたいこと

プロポーズされたらしたいこと

プロポーズされたら一番にしたいこと

プロポーズされたらしたいこと

 

プロポーズされたら、結婚の意志を両親に伝えなくていけませんね。

 

結婚が決まったらすぐにしたいことがこの両親への挨拶ですが、プロポーズされたらもうそのことで頭がいっぱいになってしまう、という女性も多いはず。

 

でもしっかりと、相手の両親への挨拶については考えておきたいものです。

 

プロポーズされたらまず挨拶、ということで最初にしたいのは挨拶に伺う日程の設定。
これは相手の両親に合わせるのがマナーですので、間違っても「この日に…」というような決め方を自分からしてしまわないように注意です。

 

訪問して挨拶を済ませるだけなのか食事しながらになるのかなど、予定もその段階でしっかりと決めておくといいですよ。

 

また、挨拶に伺う際は身だしなみにもしっかりと気を使いたいところです。

 

カジュアルな服装でも問題はありませんが、カジュアルになりすぎないように注意して、悪いイメージを与えないように心掛けましょう。
相手を思った小さな気遣いが大切です。

彼にプロポーズされたら…「両親への挨拶」

女性が男性にプロポーズされたらどうしたらいいか、OKしたのであれば、お互いの両親への挨拶がまずしたいことでしょう。

 

プロポーズされたら…それはとっても嬉しいことではありますが、そこで終わりではありませんのでプロポーズされたら挨拶のことまでしっかりと考えておきたいものです。

 

挨拶と言ってもいろいろと気になることはありますね。
マナーや手土産などについて見ていきます。

 

基本のマナーは「靴は揃えて玄関の脇に置く」、「挨拶を忘れない」、「下座に進む」、「手土産は紙袋から出したら両手で渡す」といったもの。

 

取り敢えず、これくらいは頭に入れておきたいところですね。

 

手土産に関しては二人でお互いの両親の好みについて話したり、お互いの地元の特産品であったりを選んで持っていくのがいいですよ。

 

どうしても決まらないという場合はお菓子やゼリーなどの無難なものもオススメです。
予算は一般的に3000〜5000円くらいとなっています。

トップへ戻る