プロポーズの失敗例

プロポーズに失敗

 

プロポーズに憧れる人は多いと思いますが、その中には少なからず失敗例もあります。
ここではそんなプロポーズの失敗例をいくつか紹介したいと思います。

 

とある男性の方は5年以上付き合った女性にプロポーズしたそうです。
仕事も軌道に乗り年齢も30目前、婚約指輪を買って夜景の見えるレストランで指輪を出して勇気を持って告白しましたが失敗したそうです。
男性は失敗するとは思わず2時間ほど放心状態で、何故失敗したのか愕然としたそうです。

 

後から女性から連絡があった際はプロポーズがサプライズ過ぎてびっくりして思わず断ったそうです。
また結婚に憧れは持っているものの、いざ結婚が現実味を帯びてくると怖くなったのも原因の一つと語りました。

 

この後2人は別れ、連絡を取り合うこともなくなったそうですが男性はもちろん女性もあの時何で断ったのだろう?と後悔したそうです。
サプライズは嬉しい物ですが、人によっては突然ことで戸惑いプロポーズが失敗してしまうことがあるため日頃から2人の考えをすり合わせる努力を行うことが重要です。

プロポーズを失敗しないために

折角のプロポーズ失敗したくないですよね。
プロポーズは男性がリードして行って欲しいと言う気持ちはありますが、だからといって女性もただ黙って座っていればいいという訳ではありません。
ここではプロポーズに失敗しないための方法をいくつか紹介したいと思います。

 

まず一番大事に見えて意外と皆軽視しがちなのがシチュエーションです。
ロマンチックな場所でプロポーズして欲しいと思う女性は多いと思いますが、男性には意外とその想いが伝わっていません。
人によっては手軽に会えるからとファミレスでプロポーズをして失敗する男性もいる程です。
そのため、普段から行ってみたいレストランやロマンチックな観光地をピックアップしてさり気に彼にアピールしておきましょう。

 

また男性にとってプロポーズは一世一代の晴れ舞台、緊張してどもってしまう人もいます。
女性としてはドラマのように格好良くしてもらいたいものですが、多少の失敗は笑わずに受け入れましょう。
プロポーズを失敗しないためにもお互いを理解し、嗜好をすり合わせる努力を怠らないようにしましょう。

トップへ戻る